美肌のための洗顔方法

適切な洗顔で肌を清潔に保てているかは、美肌を目指す上では見逃せません。洗顔次第でお肌の調子は結構変わります。肌を過度に刺激せず、汚れだけを落とすには、どういった洗顔がいいものでしょう。洗顔前にメイクをしている人は、必ずクレンジングを行います。クレンジングの後に、お風呂で洗顔をする人が多いのではないでしょうか。メイクを落としたらシャワーを顔に1分あて、それから洗顔をすることで美肌にいい影響があるといいます。皮膚のマッサージ効果もありますし、毛穴が十分に開くことで毛穴に入りこんでいる汚れも落とせるようになります。よく顔を濡らしてから洗顔料をつけたほうが、肌への負担も軽くなります。朝の洗顔の時も、ぬるま湯で顔を濡らしてから洗顔料をつけるという方法で行いましょう。毛穴の中まである汚れを洗い流すには、洗顔料で泡をつくり、弾力のある細かな泡で顔全体を撫でるように洗うことです。洗顔料を泡立てるためのネットが販売されていますので、利用してみてください。お肌をゴシゴシ擦らず、肌に触れるか触れないかというぐらいの力加減で軽くマッサージするのが良い方法です。小鼻、こめかみ、髪の生え際まで泡をきちんと伸ばし、首の回りも洗い終わったら、ぬるま湯で十分にすすぎます。仕上げに、吸水性のいいタオルを顔にあてるようにして、水分を吸わせていきます。タオルで顔をこすらないようにしましょう。美肌になれるよう毎日正しい方法で洗顔しましょう。

顔のシミについて

顔にシミができると、見た目の雰囲気がぐっと老けて見えるのが悩みの種です。シミがあることを気に病む人は少なくありませんが、シミとはどんなものでしょう。シミができる要因は、人によって違っているといいます。紫外線を浴び過ぎた場合や、加齢によるターンオーバーなどの皮膚再生能力の低下によって顔のシミは出来てしまいます。活性酸素が体内で増加する原因になるストレスや煙草の吸いすぎで、新しい皮膚ができづらくなることも原因です。ホルモンの分泌が減ったことから、シミが増えたという人もいます。冷え性などによる新陳代謝不足によるターンーオーバーの遅れによるものもあります。皮膚にできた傷やにきび跡が色素沈着を起こした場合や、洗顔による皮膚の刺激も関係しています。いくつもの要素が組みあわさって紫外線の原因になりますが、紫外線によるシミの増加が一番用心が必要です。紫外線ケアは力を入れましょう。普段から紫外線の予防をきちんとしないと、後々になって顔のシミがたくさん出てきたなんて事になりかねません。長時間紫外線を浴びたために、肌の保湿力が失われることもあります。乾燥肌の症状がひどくなるとバリア機能が失われてしまうため、カサカサ感やかゆみ症状が出たりします。顔のシミだけではなく、目尻のシワやほうれい線などのシワなどの原因にもなりますので注意が必要です。

顔のシミの治療法

シミが顔にできた場合、理由に応じて治療の仕方が変わります。顔に塗る薬、ケミカルピーリング、レーザーや光による治療などが挙げられます。レーザー治療と言うのは、レーザーを顔のシミに照射する事で、シミを取る治療方法です。レーザーを照射する機器には色々なタイプがあり、シミの形状、色の濃さ薄さなどでも使うレーザーが違います。光治療とは、特殊なフィルターを通してつくった光をシミか気になる部分に照射するというものです。光治療はレーザーに比べると1回できれいに取れることは少なく、5回から10回程度の回数をかける必要があります。シミ治療にレーザーを使う時は、塗り薬もつけるというケースもあります。顔に塗るのは、ハイドロキノンやトレチトインという軟膏です。美容にいいという成分を点滴することで、肌をきれいにするという方法もあります。プラセンタや美白効果のある成分を点滴する事で、顔全体にある小さなシミやお肌のダメージなどを改善する事ができます。古い肌が新しい肌と交替しやすいように、ケミカルピーリングで古くなった皮膚を剥がれやすい状態にします。メラニン色素は角質層に集まって沈着しているので、ピーリングで角質層の不要な部分を取り除きます。顔のシミを取る治療方法にはいろいろと有るのですが、顔のシミや自分の肌の状態に適した方法を選択することが大切になります。